カウンセラー紹介 宮田 愛弓

投稿日: カテゴリー: カウンセラー紹介

初めまして!カウンセラーの宮田です。

 

私は社会人を経てオーストラリアにやって来たアラサーです。笑

最初は学生ビザで学校に行き、その後ワーキングホリデービザに切り替え、現在ゴールドコーストに住んでいます。

なぜ私がオーストラリアに来たかと言うと、学校に行きながら働ける!というのが大きな理由です。高校時代に交換留学でアメリカに住んでいたのですが、すでに語学力は低下し。。。また海外で生活したい!けどもお金も必要だ!と思い学生ビザとワーキングホリデービザを使ってやって来ました。ちなみに、オーストラリアは学生ビザでも週20時間働けるのが魅力です。

私は英語をほぼ忘れていたので学生ビザで6ヶ月パースの語学学校に通いました。学校には世界各国の生徒がいました。授業は、文法の奥は深いと目からウロコな内容ばかりでとても勉強になりました。習った内容を積極的に会話で使うよう努め、授業以外でも学校のアクティビティやハウスパーティで友達を作って英語を使う機会を増やすようにしていました。

学生ビザの時は日本食レストランバーでウェイトレスをしていました。同僚もお客様もほぼ外国人だったので英語でコミュニケーションをする機会に恵まれていました。お客様に「オススメは?」と聞かれたら「唐揚げです!」と力強く答えていました。笑 唐揚げおいしいですよね!

オーストラリアに一年住んで思ったことは、住みやすい!です。自然と都市がうまく融合していて、街並みも美しいです。おおらかな人が多いのも良いところです。

この留学で、海外では自分からアクションを起こさないと何も始まらないということを再確認しました。例えば、日本では転入生で学校に入ったら誰かしら話しかけてくれると思います。ですが海外でそれは稀です。語学学校は毎週入学者が入ります。待ちの姿勢だとそこにただいるだけの存在になります。会話の輪に入るため、友達を作るためにも恥ずかしがらず話しかけることが大事だと思いました。

私はワーホリビザを使う前に英語を伸ばしたかったので学生ビザを使いましたが、弊社ではワーホリをする前にフィリピン留学をして、短期集中で英語を勉強してからワーホリビザを申請するという選択肢のご案内も可能です。私のようにオーストラリアの語学学校に学生ビザで通うこともできます。色々な選択肢があるのでご興味がありましたらなんでもご質問ください。

 

宮田


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です