カウンセラー紹介  髙橋 宏介

投稿日: カテゴリー: カウンセラー紹介

はじめまして。

Auswelt日本支店長の高橋宏介と申します。

私は、現在日本から皆様のサポートをさせていただいております。
皆様の人生における”夢・目標のきっかけ作り”がしたくてAusweltの一員となりました。

今回、カウンセラー紹介ということで2部に渡って簡単に私のことを知っていただければと思います。
どんな人があなたの担当者として手伝ってくれるのかという"不安・心配"をこの場を借りて私自身をさらけ出すことで、
一歩踏み出す勇気・確信をもって海外にチャレンジしていただきたいと心から願っております。

さて、支店長という偉そうな肩書きを背負っておりますが、私も一人の人間です。

海外生活はたったの5年間ほど。
すべてが上手くいった覚えは一度もありません。
ただの野球バカだった私の経緯を簡潔にお話しします。

・中学入学と同時に、友達に誘われてECCに通い始める。
(英語という言語が好きになるきっかけ)

・神戸市立葺合高校の国際科を受験するも落ちて同校普通科へ入学
⇒野球漬けの毎日になるも、高校1年でレギュラーになってから虐め・嫌がらせに遭い野球部を辞めて、
 国公立を目指す普通の受験生をする。
⇒勉強漬けの毎日。
⇒高校3年の春、好きな女の子がアメリカへダンス留学すると聞き、留学に興味が湧く。

・”話だけ聴いてみよう”と某留学会社に行ってみる。

・雷、落ちるっ!!!!!

・海外で活躍する人たちに魅せられて、自分はなんてちっぽけな視野の狭い世界で生きているんだ!と嘆く。

・某留学会社にサポートをお願いする。

・1年半掛けて留学準備をした後、アメリカはニューヨーク州へ

・Fulton-Montgomery Community College 入学・卒業(2年間)
⇒代表・安井との出会い

・State University of New York at Geneseo 入学・卒業(2年間)

・某留学会社に勤める。
⇒代表安井に誘われたのがきっかけ
⇒部長・田中との出会い

・1年で退職し、田中と共ににオーストラリアへ

・現地生活を体験して、私一人日本へ帰国

・代表 安井とともにAuswelt創立

自信を持って言えることは、現在に至るまで周りの人に恵まれてきました。
家族・仲間の一人一人が私の目標達成の手助けをしてくれました。

これらは、人生におけるかけがえのない宝物。
その感謝・喜びを今度はみなさんが気付き、得るのです。

まさに"十人十色"。学び・出逢い・気づき・体験
その一つ一つがあなたにとって唯一無二の宝物。

是非、海外にチャレンジしてそれらを得てきてください!
そして、自分の価値を高めてください。

以上、Part2では私自身の経緯をお話ししました。

次回、Part2では、
・どういう思いで留学を決めたか、
・留学中に何にどう感じたか、
・どうするべきだったか
・総括して皆様に伝えたいことは何か

私の心情を打ち明けたいと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です