留学を実現するための行動計画

投稿日: カテゴリー: Ausweltより

こんにちは、オズウェルトです。

今回は、「留学」の行動計画について書いてみます。


留学は実現するまでがプロジェクトです。

それも、留学を考えだしてから長ければ1年や2年かけて実現する長期のプロジェクトです。

私も初めて留学をしたとき、決断してから1年計画で実際に留学をしました。

長いようですが、気を抜くとあっという間に残り時間がなくなってしまうものです。

 

何か目標を立て、達成を目指す時、頭の中で「○○くらいまでにやろう。」と思っているのと、目標までの行動計画を作るのでは、実現率が大きく変わってきます。

留学やワーキングホリデーをお考えの方は沢山いらっしゃいますが、留学を実現できない方が多くいるのも事実です。

例えば、行動計画を立てなかったことで

「目標金額が貯まらなかったからあきらめます。」
「留学に行きたかったけど、ダラダラと時間が過ぎちゃった。」

といったお声もよく聞きます。

 

ですので、これから留学やワーキングホリデーを目指される方、騙されたと思ってぜひ行動計画を立ててみて下さい!

行動計画・目標の立て方

まずは、留学の目的を考えてみましょう。

 

1.なぜ留学に行きたいと思ったのか

2.留学先でどんな経験をしたいのか

3.留学を通してどんな力を身につけたいか

4.留学をすることでどんな自分になりたいのか、将来どう活かしたいのか

 

ここまで書けたら「留学のタイトル」を考えてみましょう。

自分の留学にタイトルをつけたほうが目的も明確になり、留学に対する意欲もどんどん湧いてくるかと思います。

 

留学先をどこにするのかを考えましょう

 

留学の目的、目標が決まったら実際にその目標がどこで達成できるかを考えましょう。

それが留学先になります。

インターネットで情報収集したり、留学経験者に話を聞いたりするのもいいかと思います。

 

渡航の時期を決めましょう

 

学校やお仕事関係でしたり、それぞれの事情があるかと思います。

お金の面も大きく関わってきますので、しっかりと計画して適切な渡航時期を決めましょう。

 

渡航までに出来ることの目標設定をしましょう

 

日本にいる間に出来ることを留学先に行ってからやることほど無駄なことはありません。

留学の目標を達成するためには計画のある事前準備が非常に大切です。

まずは渡航までに自分がやるべき目標を設定しましょう。

 

ですが、前途したように留学は長期プロジェクトです。

いきなり大きい目標だけを立ててしまうと、途中で目標を見失ってしまうことがほとんどです。

大きい目標を決めたら、それを達成しやすい小さい目標に分解していきましょう。

例えば、「1年間で100万円を貯める」という目標であれば、今月は○○円貯める、今週は○○円貯める、今日は○○円貯める、といった感じです。

「渡航までに文法をマスターする」という目標であれば、明日は参考書を買いにいく、今週末までに現在完了形をマスターする、などでもいいです。

ゴールから逆算して、まずは3ヶ月単位で考えてみましょう。

そしたら、それを1ヶ月単位、週単位に落とし込んで、出来れば1日単位まで落とし込んでいきます。

これを実行するだけで目標の達成率が大きく変わります。

目標をしっかり立てれば自分の行動も変わってくるはずです。

もちろん予定外のことが入り、計画通りにいかないこともあります。

ですので、1週間に1度は計画を見直してみましょう

毎日、やることリストを作成し、都度チェックをしてみてください。

何か目指すべき目標があり、そこに至るまでの正確な計画と実行があれば、実現できないことはないはずです。

逆に、行動計画を立てない人は実現しないことのほうが多いです。

まだ行動計画を作ってないという人は、この週末にでも一度作ってみてはどうでしょうか?

 

せっかくの「留学」という機会、ぜひ皆さんに実現していただければと思います!

オズウェルトでは、皆様の目標が達成できるよう、ゴールから逆算して一緒に留学を作り上げていきたいと思います。

「少しでも留学に興味がある」「何をゴールにしていいのか分からない」「計画の作り方が分からない」など、少しでも気になることがございましたらお気軽にお問い合わせください!

一緒に計画立てて、皆さんの留学を最高のものにしましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です