日本と海外の教育の大きな違い

投稿日: カテゴリー: Ausweltより

こんにちは、オズウェルトです。

 

今日は日本と海外の教育の大きな違いについて書こうと思います。

私も日本を出るまでは海外の教育と日本の教育の違いについて理解する事も出来ませんでした。

 

それはアメリカの大学に入った時の事です。

私は衝撃を受けました。

日本の高校では大体の方は数Ⅰと数Ⅱくらいまでは履修している方がほとんどだと思いますが、アメリカでは大学1年生で分数の足し算や割り算から学ぶ人が多いのです。

しかも!テスト中は電卓使ってOK!!!

What!?って感じですよね、これでは間違えようにも無理です。

 

また、スーパーなどに行くとこんなことがあります。

レジで皆さん小銭を出しません。

小銭を出す方の大半はアジア人ですが、小銭を出すと返って来るおつりが毎回違っている!

 

海外では小中高で何を学んでいるのでしょうか?

 

「学校は勉強だけをする場ではない」ことを教える

「教育」は文字通り「教えて育てる」という事です。日本は、先生が子供に学ぶことを植え付けているといったイメージの教育をしているのに対し、

欧米では子供たちの能力を引き出すことが主眼だとされています。

その為、欧米の教育では間違いを叱る事はありません。そして正解した時に『これでもか!』というほど誉めます。

自分自身の頭を使い考えさせる事から教えます。

1000人の生徒がいたら1000人それぞれ異なった考え方で、一つの答えを導きだす非常にユニークな勉強方法です。

 

そもそもeducationの語源とは?

英語のeducationとは日本語で「教育」と訳されてますが、元はラテン語の「e-(外へ)+ducere(導く)」という言葉から由来しています。

「内なるものを外に導く」=「子供の可能性を外へ引き出す」

欧米の教育はこの言葉通り、子供たちの能力や可能性を受け身にせずに積極的に前へ引き出すことを目的とされています。

その為、自己主張が強く個性を大事にする事を小中高でしっかり学びます。

 

日本の受け身人種を生み出しているのには教育方針に問題が?

自主性、個性、自己主張個人主義が当たり前な欧米では、子供たちは小さな頃からこうした精神を身につけることを学びます。

しかし日本では個性を大切にしつつも、やはりみんなと同じでなければいけない。

周りと違う事をすると叱られる、バカにされる、仲間はずれにされる、という「前に倣え」の精神が根深く残っているのが教育の現状です。

そうした受け身の精神を教育として小さい頃から叩き込まれた子供たちが成長した社会が今の日本です。

そして「将来何をしたら良いか分からない」「これをやったら会社にいずらくなる」という人間を多く生み出す原因になっていると思います。

右向け右の日本もし今まで教わって来た事が『間違い』に変わった日、日本の教育を受けて来た私達は

自分の頭で考え新たな答えを見つけ出す事ができるのでしょうか?

 

やり方を教えて問題を解かせ答えを出させる日本

日本の教育は「詰め込み教育」といわれるように、日本は「記憶力」で勝負する国です。

入試やテストなどもそうだと思います。

しかし、欧米ではあくまでも子供中心の創造力、思考力が重視される教育をしています。

自分の考え方で正しい答えを見つけ出す様に訓練されています。

一つ前にも書きましたが、もし【1+1=2】では無くなった時、

皆さんはどうやってこの答えを解きますか?

 

 

人生には正しいやり方、方法などありません。

それは自ら学び、試し、失敗と成功の繰り返しで構築されていく物です。

 

私は22歳の時に会社を辞め、海外の大学に進学しました。

日本の大学に行く事も可能でしたが、何故アメリカの大学に行ったのか?

 

それは映画『バックトゥーザフューチャー』に憧れてです。

日本では同じ学年では同じ年代の人が一緒に学ぶ事が多いです。

 

その為、1年留年したらやめてしまう生徒も多く見えます。

無駄にプライドが高い日本人。

 

自分より年下と同級生なんて

 

それに比べ海外は違いました。

上記映画では、主人公のマーティとドックの年齢はおじいちゃんと孫くらい違いますが、親友の様に様々な困難を一緒に乗り越えていきます。

 

私が専攻していたスペイン語の授業でもそうでした。

隣に座るペアは70歳を超えたおばあちゃん。

それなのに私よりも学ぶ意欲が高い!

 

ある時、私は聞きました。

「なんで今になって学校で勉強しているの?」

すると、

「学ぶ事をやめてしまったら人は老いていくだけだもの」

と笑いながら話していました。

 

こんな向上心の高い人々に囲まれ、「自分も負けないぞ!」と思いながら毎日勉強をしてみたいと思いませんか?

自分の強い気持ちだけで全てを乗り越えることができればいいですが、人間は環境に影響されやすい生き物です。

周りに向上心の低い人が多ければ、多少なりとも影響を受けてしまうのが人間です。

逆に向上心の高い人が周りに多ければ、お互い刺激し合いながら向上心を高く持って頑張れるものです。

こういった環境の方がワクワクして楽しいですよね!?

今回お話しさせてい頂いたのも、海外留学の魅力の一つです。

 

私達オズウェルトスタッフも毎日生徒様と様々な事を共有しながら一緒に成長しています。

 

向上心と感謝を忘れずに!

 

Have a great day!!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です