専門留学☆体験談 M.Sさんの場合

投稿日: カテゴリー: 体験談

 

 

〜オーストラリアに来た目的〜

日本のホテルでフロントスタッフとして3年間勤務し、ある程度のスキルを身に付けたら海外に出たいと思っていました。そんな時、たまたま現在のパートナーと日本で知り合い、目標通り3年間働いた後、一緒にオーストラリアに来ました。

ただ渡豪するだけでなく、別のスキルを身に付けたいと思い、オズウェルトの田中さんに学校の相談をしました。彼がおすすめしてくれたのがオーストラリアの各都市にあるTAFEというオーストラリアでは有名な公立の専門学校です。

〜学校の感想〜

今までホテル業しか携わってこなかったので、少し視野を広げ旅行業界のことも学びたいと思い、TAFEでは観光業(Travel)を専攻しTravel Agentになるための知識を習得しました。週3日学校に通い、週2日は自習というコースでした。私の専攻したコースでは私以外は全員ローカルの人(地元の人、あるいは長くオーストラリアに滞在して永住権もしくは市民権を持っている人)、中でもアジア人は私を含め3人だけという環境でした。始めの頃は課題のためのリサーチに何日もかかり、締め切りギリギリまで課題に追われていましたが、慣れてくるとみんなと情報交換をするなど、少しずつ余裕をもてるようになりました。毎週のように出された課題は、リサーチ&レポート作成、グループワーク、ロールプレー、プレゼンテーションと様々な形がありました。当時は課題が出されるたびに必死にリサーチを繰り返し大変でしたが、その分得た知識も多大だなと思います。バイトをしながら通っていた人が多数だったので、課題が間に合わず途中で脱落した人は何人もいます。学生ビザでもバイトは許されていますが、私は卒業するまでは学業に集中するために仕事はしませんでした。おかげで課題をすべてクリアし無事卒業できました。厳しい学校でしたが、しっかりと勉強ができオーストラリアで何かしらの知識を本気で得たい人にはオススメな学校です。

 

〜留学前と今で変わったこと〜

もっと英語を磨かないと国際社会の中で生きていけないなと感じます。日本では日本語以外の外国語を話せると称賛されますが、今現在私のいる環境では英語を話せて当たり前、もう1ヵ国語、もう2ヵ国語話せる人はザラです。まだまだ勉強が足りないなと日々痛感させられています。

 

〜今後のプラン〜

TAFEを卒業後、有名な外資系ホテルにGuest Services Agentとして就職し、現在楽しく働いています。同僚は世界各国からオーストラリアに移民した人が多数ですが、私が初めての日本人Agentとのことです。まだスタートラインに立ったばかりですが、海外のホテルのフロントで働くという小さいころからの夢が叶いました。数年後は旅行業界に転職する可能性もありますが、今は現在の職場で自分ができることをどんどん増やし、お客様を毎日笑顔で見送るのが目標です。

 

〜オズウェルトの対応〜

何も下調べもせずに、田中さんにすべてお任せしましたが、私の興味、知識力、英語力をベースに私に合った学校・プランを紹介してくれました。TAFEに行って本当に良かったと思っています。日本出発前からギリギリの手続きが沢山あり、迷惑をかけたと思いますが、いつも丁寧かつ迅速に対応してくれました。常にLINEで連絡がとれたので、オーストラリアに入国してからも、何か些細な質問があったり、困ったことがあったときにも直ぐにアドバイスをもらえ助かっています。

 

〜これから留学する方にメッセージ〜

海外に住んでみたい、英語力を伸ばしたいと思っているなら、若いうちに行動するべきです。一度きりの人生なのだから、自分の好きなようにやりたいことやったら良いと思います。オーストラリアは温暖な気候と、温厚でおおらかな人たちが魅力です。移民大国でもあるので多種多様な文化・言語に対してもとても寛容な国です。きっと来て後悔はないと思います。海外に少しでも興味のある方は、ぜひ田中さんに相談してみてください。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です