海外の大学進学とは?

 

海外の進学とは、世界に出てより自分自身にあった分野を英語で学ぶ事です。日本の様に入学試験などはなく、英語力があれば入学できます。しかし、勉強量の多さは日本の大学で勉強するよりも遥かに多くなります。海外の進学についてよく耳にするのは、「入学は簡単だけど、卒業するのが難しい。」という言葉。まさにその通りです。日本では義務教育が終わると多くの方は勉強というものから解放されます。しかし、世界中の多くでは義務教育が終ったからこそ自分自身の意欲で勉強に励みます。もちろん日本の大学でもよりいっそう勉学に励む方も多くいらっしゃいますが、グローバル化が進む今、日本の有名大学を卒業しても就職が出来ないなんて事も…海外の大学に進学し、英語で講義を行う事で、知識以外にも「英語」というこれからの社会には無くてはならないコミュニケーションツールを自然に身につける事ができます。突然ですが皆さん、日本の大学は世界の大学ランキングで何位くらいかご存知でしょうか?日本で有名な東大は?早稲田は?下記2016年度の世界ランキングです。

如何でしょうか?これが世界のレベルです。決して日本の大学がダメというわけではありませんが、妥協して日本の良く分からない大学に行くよりも遥かに海外の大学に進む方が夢があり、チャンスがあり、未来が広がります。世界で学ぶ事、それは唯一平等に与えられている人間の権利です。

日本と海外の大学の違い

 

日本と海外の進学の違いは歴然です。それは幼稚園、小中高からの教育から違っています。日本と違い海外の学校では個性を活かす事をメインに学び、大学に入り本格的に勉強をします。日本の多くは高校まで一生懸命勉強をし、大学入試に受かった後はお金を払い卒業を待つだけです。それに比べ海外では入試がなく誰でも英語力さえあれば入学できます。しかし、卒業に関しては非常に難しく、出席率や課題の提出、試験の全てをパスしなければならないなど、卒業に対する難易度が高くなっています。高校までに個性や自己主張制を磨き、大学進学後は自分自身の意見を持った上で本格的な勉学に励みます。そして、学校で学んだ事を自分の中で分析し、将来のための引き出しにする事ができる。これが日本と海外の勉学の大きな違いです。

費用について

まず皆様が海外の大学に進学する場合に考えるのが費用についてです。ですが、実は海外の大学に行くにも日本の大学に行くにも大きく費用は変わりません。大きな違いは国によりアルバイトが出来るか出来ないかです。アルバイトができない場合、自力で生活費が稼げないことから全てが仕送りになります。しかしそれは、日本で他県の大学に進学し、仕送りが発生した場合にかかる費用と大差がないのです。海外の大学にかかる費用に関しては次のページで詳しくご説明させて頂いております。

海外の大学に行くメリット・デメリット

海外の大学では、自ら積極的に意見を言いディスカッションに参加していく授業が中心です。日本の大学の約3倍と言われる勉強量と課題の多さですが、より勉学に集中して取り組む事が出来ます。さらに、専攻を入学前から決定する日本の大学制度とは違い、海外の大学では様々な分野について学ぶことができます。また選択肢が豊富に用意されているので、1年2年時に学んだ事が少し違うな?と感じたら専攻を変える事もでき、本当に自分がやりたいことを見つけることができるのも大きな特徴です。
その他にも、海外の大学で学ぶことで得られるものはたくさんあります。 多様な国から来る留学生と交流することで異なった文化や習慣を学ぶことができ、日常生活を共にすることでより世界を理解する事が出来ます。その中で語学力の向上はもちろんのこと、世界中で通用するコミュニケーション能力を獲得できます。
日本では日々グローバル化が進んでいると同時に、企業はグローバル人材を求めています。海外の大学で学ぶ事で様々な観点で広い視野を持ち、世界中の人々とコミュニケーションをとれる人材が求められています。海外の大学進学は将来の皆さんの人生の選択をする中で、より多くの選択肢を持つ事ができます。しかし、デメリットももちろん御座います。言葉の壁、文化の違いによりミスコミュニケーション、ホームシック、など様々です。また国によってはアルバイトも出来ない為、学費・生活費の全てが自己負担になります。親御様の心配もあります。実際海外の大学に行く事は苦労7割、楽しみ3割が現状です。苦労を乗り越え、世界を相手に一人でやり遂げる事が出来た時、皆さんの将来視野は180度広がります。

海外進学までの流れ

入学1年前
・カウンセリング
・英語力のチェック
・国決め
・専攻決め
・予算の確認
・奨学金の確認
・VISAの手配
・授業料の支払い
・英文残高証明書の発行
・英文卒業、成績証明書の発行
・推薦状の発行
英語力の有無
英語力が十分にある場合 英語力に不安がある場合
Placement Test Placement Test
合格する 学校指定のELSに参加(6ヶ月〜1年)
コミュニティーカレッジ(1年or2年) 英語力が条件に満たす
編入 コミュニティーカレッジ(1年or2年)
4年生大学 編入
卒業 4年生大学
- 卒業

オズウェルトならではのサポート

オズウェルトではアメリカ、オーストラリアなどの大学を卒業したスタッフが、一人一人の進学プランや専攻の選び方などを徹底的にサポート致します。私達自身が身をもって経験した海外の大学卒業までの知識やノウハウを皆様にご提供致します。また、数々の短大や大学と提携を結んでおり、直接の大学入学も可能です。(英語力のチェックは御座います。)